*



オーダーメイドのシャツが作れるおすすめ

朝、一枚のシャツに袖を通す。
ボタンを留めながら今日一日の予定に思いをはせて。
着替え終わった時には仕事モードへ頭も切り替わる。

一枚のシャツは日常の中で、そんな「スイッチ」の役割があるものです。
ネクタイを締めて、ジャケットを羽織る「キメる日」もあるけれど、
もっと気負わず、一枚で様になるシャツがあれば、
自分らしく、自信をもって毎日を過ごせるはずです。
忙しいけど、ファッションも手は抜きたくない。
そんなあなたに、「あなたのためだけの一着」をお届けします。


オーダーメイドなのに、サイズ交換OK。200以上の生地・スタイル・デザイン・カスタマイズで10億通りのパターンから、あなたのためだけの一枚に袖を通す師玉の時間を手に入れてください。

\毎日着るからこそこだわりたい。オーダーメイドシャツを5分で作るにはこちら /
お洒落なワイシャツをフルオーダーで作る、おすすめのショップ



\5分で簡単。オーダーの様子を動画で見る /

ネットでオーダーメイドのシャツ?

色、スタイル、流行…ファッションの"イケテル"具合を決める要素は様々だが、とにかくこだわるべきは「サイズ感」だ。

大きすぎてダボダボはやぼったいし、狭すぎて変にしわがよってしまうのもダサく見える要因になってしまう。


自分にぴったりとあうシャツと出合うには、自分のサイズを把握すること、試着を重ねてスタイルに合うシャツをとにかく探すことだ。


しかし季節ごとに買い替えたり、買い足すシャツを毎度そんなに時間をかけて探す暇なんてない。

やっと見つけたと思ったお気に入りのシャツが絶版で買い足せない…

こんな風な経験をしたことのある方も多いはずだ。

出来る男に見られるために、
手抜きファッションだと思われたくない、けど忙しい。

そんな方にこそ進めたいのがネットで完結できるオーダーメイドシャツだ。

5分で完結。オーダーメイドなのにサイズ交換ができるショップ▶

一度サイズやデザインを登録しておけば、買い足したいときに再注文がさっと完了できるのがお手軽だ。

流行にあわせたスタイルにデザインをし直して、前回と同じサイズでオーダーも出来るのでとにかく手間を省くことができる。


ピッタリのサイズが見つかるのは当たり前。生地、襟の大きさやデザイン、ボタンなど細部までこだわった一枚を作れる

オリジナルのオーダーシャツを作る
▲オーダー画面。採用したいデザインをクリックしていくだけで簡単にオリジナルのシャツをオーダーできる。

オーダーシャツと言っても、選べる生地やボタンの種類がへぼくて、欲しい一枚が見つからない、ということは起りえないだろう。

なにせ生地だけでも200種類
それに加えてボタンの種類、色、カフスのスタイル、襟のスタイル、襟裏の記事を別布を指定する…など多種多様な組み合わせをすることができ、そのパターンは実に10億通り以上にもなる。

オススメのワイシャツフルオーダー
▲オーダー画面で生地を選択したところ。画面左にすぐに反映されるからイメージが付きやすい。

おすすめのワイシャツ入り裏の生地を別注で追加 ▲チラっと除く襟裏を別布を指定すると、こだわり感が増す。


▲ボタンもこれだけの種類から選べる。市販ではない組み合わせを選べるのが良い。

これだけのこだわりを詰め込んでも、8000円台からオーダーできる

1000円でも買えるワイシャツがある中で、
8000円台のワイシャツは高い、と感じるか、オーダーメイドでこの価格はお得だと感じるかは人それぞれだろうが、
時間がない、でもイケテル服が着たい、仕事柄、着るものに手を抜けないという方にとっては本当におすすめできるワイシャツの選択肢だ。

私も試しにシンプルな白シャツを注文してみたが、
確かに注文完了まで10分と掛からなかったし、
届いたシャツのフィット感は、試着していないのに身体になじみ、上々の出来だった。


あえてデメリットを上げてみるとしたら、

発送まで10-15日かかる
もっと安いワイシャツはある
手に取って選ぶ楽しみは味わえない
試着できないからサイズが不安


こんなところだろうか。
安さ、手に取れないところは忙しい中ネットで買う選択をした時点で避けられないデメリットであろうが、発送まで時間がかかる点に付いては急いでいるという方にとっては悩むところだろう。

ただ、この品質と手作業で一枚一枚作っているということを考えると、致し方ない。
自分だけの師玉の一枚に袖を通す日を楽しみに、注文後届くまでの時間をすごすのもオーダーシャツの醍醐味といえるのではないだろうか

また、もし万一自分で測ったサイズが間違っていたり、実際に着てみてフィットしなかったということがあれば、サイズの交換ができるのがOriginal Stitchの特徴だ。

同じ寸法でも、生地の伸縮性によってフィット感がことなるなど繊細な着心地を微調整できるのは嬉しいサービスだ。

    ✔市販品では、好きなデザインが見つからない。
    首回りに合わせると袖丈が長すぎる。
    フィットする細身のシャツが欲しい
    イニシャル刺繍、カフスなどこだわりの一枚が欲しい
など、普通のシャツではこれまで満足できなかった方にこそ試してほしい。

\ オーダーシャツの詳細をさらに確認するにはこちら /




ワイシャツに関する口コミまとめ~サイズ~

知恵袋等で共有されている、ワイシャツに関する口コミ・疑問とベストアンサーについてまとめます。サイズに関すること、ネクタイ等とのコーディネートに関する質問が多いようです。普段着でオーダーメイドは現実的で

続きを見る

ワイシャツの歴史

ワイシャツの語源 ワイシャツの語源は、英語の「White Shirts(ホワイトシャツ)」で、明治頃から使われている言葉です。もともとは白の長袖のシャツだけをワイシャツと呼んでいたが、最近では半袖や

続きを見る

【動画集】動画で見るワイシャツのお手入れ・アイロンのコツ

ワイシャツのお手入れ方法についての動画を集めてみました 毎日着るワイシャツのお手入れ。自宅でできればクリーニング代もかからないしおすすめ。 でも、慣れないとうまく汚れが落ちなかったりアイロンがうま

続きを見る

高級クリーニング店に聞いた、ワイシャツを長持ちさせるための正しい洗い方

毎日かっこよく決めるために。自宅でできる正しいワイシャツの手入れ方法 ビジネス、冠婚葬祭、デイリーワードローブとして欠かせないワイシャツ。特にシルエットにこだわったものならなおさら、長持ちさせて長く

続きを見る

おすすめワイシャツ。衿の違いについて

ワイシャツの着用イメージを決める、「顔」ともいえる襟スタイル シャツの「顔」ともいえる、襟のスタイル。 ネクタイを締めるか、ノータイスタイルか。などの着用スタイルはもちろん、 首が長い、短いなど

続きを見る

雑誌でも話題。おすすめのクレリック シャツ

さらりと一枚でも、ネクタイと合わせてドレッシーにもいける、英国調シャツ クレリックシャツとは、身頃はストライプやカラーシャツ、襟とカフス部分だけ白生地を配したシャツのことです。 1920年代に

続きを見る

ストライプのワイシャツにおすすめのネクタイのコーディネート

ストライプのワイシャツに似合うネクタイのコーディネート ビジネスシーンでも使える、シンプルなストライプシャツにあうネクタイのコーディネートを考えてみました。 「スーツ×シャツ×ネクタイ、柄物は

続きを見る

ワイシャツ、ネクタイ・スーツのコーディネート

簡単に、毎日をおしゃれに 毎日仕事にプライベートに着用すワイシャツ。 マンネリ化せずにおしゃれに楽しみたい方、「ここぞ」というときにかっこよく決めたい方のために、すぐに使えるワイシャツとネクタイの

続きを見る

ワイシャツ、ネクタイ・スーツ柄物について

無難なコーディネートをしようと思ったら、スーツもシャツもネクタイも無地ばかりで味気ない、もういっぽおしゃれをしたいという時のために、柄を使ったコーディネートについてまとめます。 柄物はよくばらず

続きを見る

ワイシャツ選び方~首回り・襟で決める~

ファッションやシーンに合わせて印象を決める「襟」の選び方 ワイシャツの印象は首回り、襟で大きく変わります。フォーマル、ビジネス、ネクタイのあるなしなどシーンによって選ぶべき襟の形があります。 カジ

続きを見る

ストライプのワイシャツにおすすめのネクタイのコーディネート

ストライプのワイシャツに似合うネクタイのコーディネート ビジネス

【軽井沢シャツ VS Original Stitch】2大シャツオーダーショップを徹底比較

シャツオーダーショップを徹底比較。どっちがお得?どっちがイケテル?

【動画】BEAMSディレクターに聞くイマドキ結婚式の間違いないスーツ選び

今時のウェディングパーティーの着こなしを楽しむ、コーディネートの基本

【動画】千葉義雅氏に聞くデニムの大人っぽいコーディネート

ファッションディレクター千葉義雅氏に聞く、デニムの大人っぽいコーディネ

【動画】ファッションディレクターが語る派手色のコーディネート

ファッションディレクター小川カズさんが語る派手色のコーディネート簡単テ

【動画】BEAMSクリエーターに聞いた、2015春夏トレンドはジャケットに○○!

BEAMSクリエーター中村氏の考える2015年春夏のトレンドとは?

→もっと見る

PAGE TOP ↑